自費出版のゴール設定

list

2017年07月27日
自らの思いが印刷物になるを更新。
2017年07月27日
自費出版のゴール設定を更新。
2017年07月27日
自費出版をする前と後を更新。
2017年07月27日
自費出版の理想と現実を更新。

calendar

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

自費出版のメリットデメリット

少し前に自費出版した本がベストセラーになり話題となりましたが、逆に言えばそれだけベストセラーになることは難しいと言えます。ちなみに自費出版というのは自分自身が費用を負担して本を出すことですが、それにはメリットとデメリットが存在します。まずメリットは誰でも本を出版することが出来る点、自費なので自分の好きな事を書くことが出来ます。出版社の影響を全く受けない分、全てが自身の責任となりますが後世に自分の本を残すことができるというのが大きな魅力と言えます。
ですがデメリットとして、本を出版する際にかかる費用は自分持ちとなる点です。プロの作家の場合は執筆料が支払われますし、出版にかかる費用は出版社が支払います。この点が一番大きな違いと言えるでしょう。また、本の内容によってはクレームがある場合もあります。
ですがこの点に関しては事前に自費出版を依頼する出版社がチェックをしてくれるのであまり気にする必要はないと言えます。他にも、本を出して利益を得たい場合はかなりの努力が必要な点です。何かの大賞を取ってデビューする場合はかなり注目が集まりますが、自費出版の場合は自分で宣伝をするしかありません。なので本屋で沢山の本の中から自分の本を手にとってもらうのは非常に難しいのが現状です。

自費出版で重要な事

本を見ている時、見たことがないけどなんとなく興味を持つことができるという、そんな不思議な本があります。その不思議な本の中には、自費出版ということで出している本もありますね。自費出版は、その本人が満足をするために出版をするということと、利益を得るために出すということがあります。その二つは、大いに違っています。自分が満足をするためだったら、それを出版することがゴールとなります。
出版できたことに喜びを感じることができるのです。ところが利益を得るために、自費出版をする場合はその利益を得ることを目的として色々な努力が必要です。まず買いたいと思える本にすることが大事ですね。そのためには、本の題名をインパクトのあるものにします。ぱっと目につくような、そんな色も大事です。本の色と言うのは目立つこととがいい場合もあります。
教養の本の場合は、その本を読みたいという、そのしっかりとしたタイトル、サブタイトルが大切です。また、可愛い本や料理の本などはそのことが直ぐに分かる表紙にしましょう。売れる本は、その本を見た時にインパクトが強いことがあります。それを見て、料理であれば美味しそうと思える本、楽しい会話があると思える本等、工夫が大切ですね。

pick up

自費出版のゴール設定

自費出版のメリットデメリット 少し前に自費出版した本がベストセラーになり話題となりましたが、逆に言えばそれだけベストセ…

readmore

自費出版をする前と後

自費出版を行うには 自分で書いた本を個人的に出版する事を自費出版と言います。印刷、編集なども込みで自分で行う必要がある…

readmore

自費出版の理想と現実

自費出版からベストセラーは難しい? 何か本を出して自分を表現する方法としては、自費出版があります。自費出版なら、お金を…

readmore

自らの思いが印刷物になる

自費出版は自分の気持ちを載せれる! 本を読むと、気持ちを安定させることができたり、楽しい気持ちになることができますね。…

readmore