自らの思いが印刷物になる

list

2017年07月27日
自らの思いが印刷物になるを更新。
2017年07月27日
自費出版のゴール設定を更新。
2017年07月27日
自費出版をする前と後を更新。
2017年07月27日
自費出版の理想と現実を更新。

calendar

2018年7月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

自費出版は自分の気持ちを載せれる!

本を読むと、気持ちを安定させることができたり、楽しい気持ちになることができますね。そのため、多くの人がそのようなことを目的として、本をたくさん読んでいます。また自分の知識としても役立つことがたくさんあるので、自分の成長のためにも本は役立っています。
そんな時、自分の気持ちなどを一冊の本にしたいと思うことがあります。しかし、そのことは容易ではありません。それは出版社に持ち込んでも、OKをもらうことがむずかしいのです。そのため、気持ちがあっても本にすることができないと思っている人がたくさんいます。しかし、ひとつだけ方法があります。
それは、自費出版を出す事です。自費出版の場合は、利益のことを考えずに出版をすることが多いです。その時、同じような気持ちで共感をしてくれた人は、それを買ってもらうことができます。自分が出した本が売れると、とても嬉しい事ですね。そのことを、自分の気持ちが理解されたと思うことができます。また、それをずっと話題にすることができます。本を出すということは、通常の人は無理なのです。その点、自費出版を出すと自慢することができますね。孫の代までその先まで、自分の名前を残すことができます。

自費出版はオリジナルの本を作成できる

自分の書いた本を自由に出版できるのが自費出版の良いところです。もちろん自費なので費用はかかってしまいますが、自分の好きなように本を作ることができます。自費出版の方法は出版してくれる業者に頼んで作ってもらうのが一般的かもしれません。新聞広告などでも自費出版が紹介されていることがあるので、利用してみるのも良いでしょう。
しかし、業者によって費用は違ってきます。できるだけ費用を抑えて作りたいという場合は、ネットで安い業者を見つける方法もあります。いくつかの業者に見積もりを取り、料金や出版条件などを比較、検討するのも良いでしょう。出版部数が多ければ、単価が安くなる場合もあるので、後は交渉次第というところもあります。
業者を選ぶ時も、出版に関してのトラブルを避けるためにも、信用のおける所を選ぶようにしましょう。自費出版は自分の思い通りの本を作ることができ、またそれを世の中に発信することができます。インターネット上でも発信はできますが、本として出版するとさらに趣が変わってきます。
自分の書いた作品をなかなか出版してもらえない時や、まずは作品を見てもらうために売り込む場合など、自費出版の目的もさまざまです。満足のいく出版ができるように、心を込めて作成していきたいものです。

pick up

自らの思いが印刷物になる

自費出版は自分の気持ちを載せれる! 本を読むと、気持ちを安定させることができたり、楽しい気持ちになることができますね。…

readmore

自費出版の理想と現実

自費出版からベストセラーは難しい? 何か本を出して自分を表現する方法としては、自費出版があります。自費出版なら、お金を…

readmore

自費出版のゴール設定

自費出版のメリットデメリット 少し前に自費出版した本がベストセラーになり話題となりましたが、逆に言えばそれだけベストセ…

readmore

自費出版をする前と後

自費出版を行うには 自分で書いた本を個人的に出版する事を自費出版と言います。印刷、編集なども込みで自分で行う必要がある…

readmore